紫外線対策UVクリームで肌を守る

 

季節によって紫外線が最もきつくなる時期、日傘や帽子、サングラス、UVウェアで万全な対策をしてもやはり欠かせないのがUVクリームです。

 

様々なスキンケアを駆使しても、紫外線は肌を老化させ、シミやくすみの原因にもなるので避けるに越したことはありません。

 

そこでUVクリームはどういう働きをするのでしょうか、またよく記載されている「SPF」や「PA+」という単語はどういう意味を示すのか、UVクリームを選ぶ際知っておくと便利なことを紹介します。

 

紫外線にはUV-A、UV-B、UV-Cという三つの種類があります

地表に届く長さでAの波長が一番長く、Cが一番短いものになっています。特に気を付けなければならないものがAとBで、Cの紫外線はオゾン層によって遮断されるため地表に届きません。

 

UV-Aは紫外線による肌の老化やしわ、たるみの原因になり肌の奥の真皮部分にまで届きます。これは屋内でも窓を通して届くため、赤くひりひりとした炎症もないので知らず知らずのうちに浴びてしまいます。

 

UV−Bは日焼けや肌の炎症を引き起こし、シミやそばかすの原因になります。Aとは違い真皮まで届くことはなく表面だけにとどまりますが、屋外などで活動する場合強いエネルギーで肌に悪影響を及ぼします。

 

UVクリームに表記されている「SPF]とは、UV−Bから肌を防御する効果の持続時間を示しているもので、数値が高いほど時間が長くなります。また「PA]とはUV−Aを防止するもので「+」は防止力を表し、「+」多いほど強力になります。

 

シミやしわから肌を守るためには特に「PA」を重視しなければならないことがわかります。UVクリームを選ぶ際は、自分が活動する場所などを考慮して臨機応変に使い分けながら紫外線対策をする必要があるでしょう。