肌がくすまない人のスキンケアとは?

 

目の下にできるクマや日焼けを「くすみ」と言ったりする「肌のくすみ」という言葉をよく聞きますが、一体正体は何なのか、くすみやすい肌はどのような性質なのでしょうか。

 

 

 

良く育った肌はくすまない

 

シミでも日焼けでもクマでもないくすんだ肌を嘆く人の肌状態は、肌色が悪い、もっと透明感が欲しい、しっとりでも、つやつやでも、すべすべでもない特徴的な独特の質感です。

 

肌が黄色っぽく硬そうに見えたり、夕方になると肌が黒っぽく見えたりと、「くすみ」に悩む人なら思い当たる点があるのではないですか。

 

肌が良くなるために

「くすみ」の肌の改善は、角質を含む一つずつの細胞を良く育て、肌を育て上げるだけで解決です。 肌は環境さえ整えば今より細胞が育った肌に必ず変化します。

 

そしてくすみ解消には継続的なケアが必要です。数ヶ月をかけて肌が育つ環境をキープできたらあなたの肌は見違えるように変化します。

 

育った肌がくすまない理由

 

理由1
水で濡れた肌は透明度が高くなり乾いた肌は不透明です。しかしずっと肌を水で濡らしているとふやけて壊れてしまいます。

 

良く育った肌は肌由来の保湿成分が備わるので、角質層により多くの水分を長く保持できます。

 

 

 

理由2
肌の水分量が少なくなりバリア機能が低下すると、温度変化や様々な外部刺激に敏感に反応しやすくなり、皮脂や汗が増加すると同時にメラニンの生成量を必要以上に増やす要因となります。

 

「くすみ」を年齢のせいと考えて諦めるのではなく、「くすまない理由」を学んで対処していくことが大切です。

 

 

肌がくすまない人のスキンケアとは?記事一覧

スキンケアには保湿が手掛かり…のほほんとはわかっていても、本当にその重要性について細かく理解していない方も多いのではないでしょうか。ここでは、保湿の重要性を肌のしくみとともに評価行なう。保湿ケアはスキンケアの標準保湿はスキンケアの基本とぐっすり言われますが、なぜなのでしょうか?肌がさまざまな引き金によりダメージを受けると、水分を盛り込みづらい状態になります。しかし保湿ケアを行うことで、肌が柔らかく...

キレイな肌の代名詞とも当てはまる「ベイビー肌」。ベイビーや乳児の肌はみずみずしく、弾性も十分にあります。こんな肌に多少なりとも近づくために遂行したいのが保湿ケア。肌の保湿力を上げて憧れのキレイな肌を目指しましょう。潤っている肌は外からの外圧を受けない水分をたっぷりと蓄えていらっしゃる肌は、表がスムースで弾性もあります。チリやホコリといった外部からの多少の外圧にも影響を受けません。新陳代謝が快活であ...