綺麗な肌になるために肌の保湿力UPは必須です!

 

 

キレイな肌の代名詞とも当てはまる「ベイビー肌」。ベイビーや乳児の肌はみずみずしく、弾性も十分にあります。こんな肌に多少なりとも近づくために遂行したいのが保湿ケア。肌の保湿力を上げて憧れのキレイな肌を目指しましょう。

 

潤っている肌は外からの外圧を受けない

 

水分をたっぷりと蓄えていらっしゃる肌は、表がスムースで弾性もあります。チリやホコリといった外部からの多少の外圧にも影響を受けません。新陳代謝が快活であれば肌はアッという間に生まれ変わり、ダメージを受けてもアッという間に回復することができます。

 

こんな強くてキレイな肌のベースとなるのは、とにかく保湿。他人刺激から肌を守り、内部の水分の蒸発を防ぐバリア仕組みは、潤いによって支えられていらっしゃる。

 

肌の水分は角質層の「皮脂膜」「NMF(天然保湿条件)」「細胞隔たり脂質」の3つによって守られていらっしゃる。こういう3つのモイスチャーバランスを正常に保つことが肌の潤いをキープするポイントとなります。

 

「洗った分だけまかなう」が中身

 

昔は何もしなくても、ベストな状態で保ていたこういう3つの釣り合い。残念なことに年齢を積み上げるにつれて、自力では難しくなって来る。

 

最も風貌の皮膚は常に外気にさらされているため、外気の乾燥やUV、ホコリや花粉などによるシミ、そしてメイクとさまざまな外圧を受け続け、傷を感じやすい部分です。また、ストレスや消耗などの影響でも潤いは失われていきます。

 

モイスチャーバランスを考えるには、「汚れを落として清潔な状態に引き戻す事態」「不足している保湿成分や栄養素をまかなう事態」が必須です。

 

メイクをしていなくても、風向きに触れてある以外必ずシミは付着するので、きちんと減らす必要があります。

 

洗浄後は、年齢とともに欠如しがちに陥る保湿成分や栄養素を摂取してあげましょう。セラミドやヒアルロン酸、グリセリンなどの保湿成分の以外、ビタミンEやビタミンAなど、肌細胞を元気にする栄養素と繋がる成分を補って与えると良いでしょう。

 

保湿をパーフェクトにやる3つのポイント

 

 

 

保湿力進展のポイントには、以下の3つがあります。

 

1つ目は「水分の摂取」。

 

風向きの乾燥などで欠如した水分を、化粧水や美液などでたっぷりと補ってあげましょう。

 

後者は「水分の保持」。補った水分を蒸発させずに保つ事態です。

 

水分を入れる動きを持つ皮脂膜が不足している場合は、乳液やクリームで肌に油分摂取をして水分を押し込めてあげましょう。乾燥肌や敏感肌の個々は殊に入念に。

 

最後は「捕水」。肌の細胞が水分を捕まえていられる条件を始める事態です。

 

自分の重さの4ダブルもの水を吸収し、先ずつかんだらどうにも離さない「NMF(天然保湿条件)」と、細胞と細胞の隔たりを閉じるように存在し、潤いをキープしてある「細胞隔たり脂質」の条件をいじくることにより、肌細胞の水分受け取り勢いは高まります。細胞隔たり脂質の殆どを占めるセラミドの摂取も効果みたいでしょう。

 

肌の保湿力を上げ、トラブルに渡り合える力強い肌を作りましょう。

 

綺麗な肌になるために肌の保湿力UPは必須です!関連ページ

スキンケアの土台となるの1番は保湿なんです!
ポーラ・オルビス|ディセンシアシリーズといえばアヤナス。評判の良いポーラ・オルビスグループ、ディセンシアのアヤナスでほうれい線を消すことはできるのか!?