洗顔の正しいやり方を知らない人が多すぎる!?

 

正しい洗顔をして綺麗な肌を保つためにはどのような方法で洗顔すると良いのでしょうか。

 

洗顔の順番はあるのか

入浴時最初に洗顔をすることはあまりよくありません。顔の表面に洗浄剤である界面活性剤を残さないようにするために、洗髪→体→顔の順番で洗います。

 

最初に洗顔をすると、素肌に界面活性剤が流れ吸着してしまい、セラミド等の角質細胞間脂質にくっつき洗っても落ちません。

 

脂っぽいTゾーンから洗うのが良いのか、沢山のきめ細かい泡で洗うのが良い等様々な情報が溢れていますが、ポイントを抑えて洗顔することが大切です。

 

 

【洗顔のポイント】

 

  • 肌が水分を含んで柔らかさが増してから洗顔を開始する
  • 肌と指の間に泡の滑りを感じながら15〜20秒で手早く洗う
  • 洗い過ぎや力の入れ過ぎによる角質剥離を防ぎ肌に刺激を与えない

 

洗顔は、指滑りが良い限り肌に悪影響を与えることはありませんが、肌が硬い時は刺激や破壊を伴いがちです。また、界面活性剤が肌に付着している時間が短いほど洗い過ぎに繋がりません。

 

すすぎのポイント

セラミド等の脂質の剥離と適切な角質剥離のためには30〜35℃の刺激の少ないぬるま湯を使い、アルカリ成分を残さないようにすすぐことがポイントです。洗顔について長年自分独自の方法で行っていると思いますが、自分の肌に合った方法で洗顔することがスタートです。